あなたのリフォーム応援します。

挨拶や届け出、その他必要な準備をする

リフォームのミカタ > リフォームの進め方 >  実践編 > 挨拶や届け出、その他必要な準備をする

近隣挨拶、管理組合への届け出

事前の近隣への挨拶はとても大切です。 工事中の苦情やトラブルを避けるためにも、騒音・通行などで迷惑がかかると思われる数軒先まで、丁寧に挨拶しておいた方がよいでしょう。
マンションの場合は、両隣はもちろんのこと、上階、下階とその両隣のお宅にも了解を得て、挨拶しておくことが大切です。その際、騒音が大きくなりそうな時期なども事前に伝えておくとよいでしょう。また、管理組合へ工事の届け出を行い、承認を得ることも大切です。

着工前にしておく準備項目

  • 近隣への挨拶
  • 管理組合にリフォームの届け出(マンションの場合)
  • 建築確認申請
  • 工事場所の家具の移動、不要な家具の処分
  • 工事関係車両の駐車場所確保
  • 仮住まいの確保(必要な場合)
  • 水回りが使用できない日時の確認
  • リフォーム前の状況の撮影

リフォーム前の状況の写真撮影

工事完了後に行なう竣工検査の際に傷などが見つかったとしても、それが以前からあるものか、新しいものかが分からないと、トラブルの原因になります。できれば事前に、業者といっしょに傷のある箇所をチェックしながら写真撮影をしておくとよいでしょう。