あなたのリフォーム応援します。

リフォーム会社もさまざま

リフォームのミカタ > リフォームの進め方 >  リフォーム業者選び編 > リフォーム会社もさまざま

リフォーム会社の種類と特徴

リフォームを行なう会社と言ってもその形態はさまざまで、例えば地元の小さな工務店から大手住宅メーカー、ゼネコンにいたるまで、多くの会社がリフォー ム業を営んでいます。 「リフォーム専門業者」か「新築や設備が主体業務で、さらにリフォームも手掛けている業者」かの違が、リフォーム会社を区分するひとつの目安となるでしょう。 例えばサッシを取り替えたりする程度のものから大規模な改装・改築まで、リフォームの内容自体もさまざまですので、それぞれに適した会社を選ぶことが大切です。

リフォーム会社の特徴

住宅メーカー、デベロッパー、ゼネコンなどの大手建設業者
住宅メーカーのほとんどは、自社が供給した物件のメンテナンス事業を行なっていますが、独立したリフォーム会社を設立しているところから、会社の一部門として営んでいるところまでさまざまな形があります。これらの業者は、大規模な増改築にも対応できる点が大きな強みです。
リフォーム専門店
もともと、工務店や設備工事店、建材店などだった業者がリフォーム専門店になっているものです。 当然ながら、もともとの業種分野を得意としていますが、総合的なリフォームに対応できる業者もあります。
設計事務所
設計事務所は一般的に新築を手掛ける場合が多いので、あまり小規模なリフォームは無理かもしれません。増改築など大規模リフォームの場合は、施工まで依頼できますがリフォーム経験があまり無い設計事務所もあるので確認が必要です。
住宅設備メーカー、部品メーカー系リフォームショップ
大手住宅設備メーカーや部品メーカーの多くは、「リフォームショップ」として自社の製品を扱う代理店を持っています。これらは、もともとの業種によって得意とする分野が異なりますが、大きなリフォームに総合的に対応できる場合もあります。
設備工事店
電気・水道・ガスなど、それぞれ個別の設備工事が中心ですが、関連する分野のリフォームを手掛けている場合もあります。
塗装、内装、屋根、板金、タイル、左官などの工事店
それぞれの分野に限って請け負っている工事店がほとんどで、大規模な増改築などをすべて請け負うところは少数です。
建材店、デパート、家具店、燃料店、ホームセンター、不動産仲介業
大規模なリフォームに対応できるところもありますが、多くは物品販売を中心としたリフォームや、比較的規模の小さい工事を主としています。