あなたのリフォーム応援します。

契約する

リフォームのミカタ > リフォームの進め方 >  リフォーム業者選び編 > 契約する

契約前の確認事項

だいたいの見積り内容を業者と詰めて、プランに変更を加えると、正式な見積書と実施設計図が出てきます。見積書と実施設計図は、最終的な業者との契約の内容となる大事な書類となりますので、見積書と実施設計図を照合させながら、きちんと要望が盛り込まれているかなど、ひとつひとつの項目をよく確認しましょう。
これらの確認が終わったら正式に契約書を交わすことになりますが、業者から契約書をもらった際にも必ず確認しておかなければならない点があります。以下の項目をしっかり確認した上で契約を交わしましょう。

  • 「発注者」の欄に自分の名前が入っているか。
  • 「請負者」の欄に工事を行う会社の名前があるか。
  • 「工事場所」の住所が明確になっているか。
  • 着工と完成日が明記されているか。
  • 引き渡し日が明記されているか。
  • 「請負代金額」は見積書と同じか。
  • 代金の支払方法が明記されているか。
  • 建築家に設計を依頼した場合、監理者としてその建築家の記名・捺印があるか。
  • 契約者が複数枚数の場合、用紙にまたがって割り印をしたか。

契約時の確認事項

契約時は、担当者から契約書や見積書、約款など重要事項についての説明があります。疑問点などがあれば必ず質問するようにしましょう。また、その場での契約は絶対に避け、必ず書類を持ち帰って記入漏れや間違いはないか、請負代金は見積書と合ってるか、代金の支払方法に間違いはないかなど、入念にチェックしてから契約するようにしましょう。

リフォーム工事の契約に関わる主な書類を表にまとめましたので、これらの書類がきちんと揃っているかを必ずチェックするようにしましょう。

書類 書類の内容
見積書 最終の正式な見積書で、工事内容と金額がわかります。
見積明細書 設備や仕様などの細かな金額が記載されています。見積書に「一式」などの項目がある場合は、必ずもらいましょう。
仕上げ表 どのような仕上げにするのかが明記された表です。設備・仕様の種類、品番などもこの書類で分かります。
設計図面 決定プランが記載されている図面です。平面図のほか、立体図などがある場合もあります。
工事請負契約書 工事の完成を約束する契約を結ぶ書類です。契約の重要項目が記載されています。
契約約款 業者が契約に関する事項を取り決めているものです。契約書には記載されていない重要事項が記載されている場合があります。

※リフォームの規模によって提出される書類は変わります。簡単なメンテナンスの際は、以下の書類が揃っていない場合がありますので詳細は相談している業者にご確認ください。

工事請負契約書の意味

工事請負契約書とは、実施設計図とそれに基づいた工事見積書によって施工業者と交わすもので、「工事を期限までに必ず完成させることを約束する書類」です。修理などの簡単な工事なら、ついつい口約束だけで施工に入ってしまいがちですが、トラブルを避けるためにも工事の大小に関わらず、工事請負契約書を交わすことが必須です。また工事完了時に、依頼した内容と違ったり、金額が高くなってしまったなどの問題を起こさないためにも、工事請負契約書を交わしておくことが重要です。