あなたのリフォーム応援します。

子供が独立した後

リフォームのミカタ > リフォームどきって? >  ライフステージで考えるリフォームどき > 子供が独立した後

子供が独立した後の住まい

子供が独立した後は、夫婦が快適に過ごせる住まいづくりを心がけたいものです。例えば子供部屋だった空間を書斎や趣味の部屋に改造したり、友人などを呼んで来れるようにリビングやダイニングを広くするのも良いかも知れません。また、コミュニケーションが楽しめるように対面式のキッチンにするなど、ちょっとした工夫で豊かな老後を楽しめる住まいになるでしょう。 これらのリフォームを行なう時は、老後のことも見据えて早めにバリアフリー化しておく事をおすすめします。大きな段差だけでなく、今はまだ気にならない場所であっても、手すりを付けたり階段の段差を低くしたり、風呂場の浴槽を低くするなど、細かい部分の変更もリフォームのポイントになってきます。

子供部屋を趣味の部屋にする

子供の独立後、子供部屋がそのまま物置になっているのはよくあるケースですが、その空間を書斎や自分の趣味の部屋としてリフォームしてみましょう。囲碁や将棋を楽しめる部屋にするために、洋室から和室に変更することも可能です。

LDKによる広々とした空間づくり

LDK(リビングダイニングキッチン)を採用した空間は老後に備えた導線計画に有効です。キッチンをリビングとダイニングの間の配置すると、どちらへも同じ移動距離にすることが可能です。 また、友人を招いたり子供の帰省のことを考えて、セミオープン型やオープン型のキッチンを採用すれば、大勢で集まるときも楽しめる空間になるでしょう。

手すりの設置はもちろん、照明にも気配りを

段差がある場所や立ち座りが必要な場所は、年齢が高くなればなるほど大変になってきます。リフォームの際には、階段だけでなくトイレや浴室などに手すりを設置するようにしましょう。また夜中にトイレへ行く時など、足元が見えやすいようにセンサーで点灯・消灯する足元灯を設けておくと便利で安全です。