あなたのリフォーム応援します。

築5〜10年:小さな修繕・改装時期

リフォームのミカタ > リフォームどきって? >  住まいで考えるリフォームどき > 築5〜10年:小さな修繕・改装時期

小さな修繕・改装時期

築5〜10年は、例えば外壁やベランダ・バルコニーの塗装がはがれてきたり、カーペットの汚れや減耗など、細かな部分の破損や汚れが目立ってくる時期です。また、小型給湯器などの住宅設備の取り替えが必要になってくるものもあります。
10年以内のメンテナンスは、少し早すぎてもったいないと思われるかもしれません。しかし内装材はもちろんのこと、外壁などはそのままにしておくとひび割れや亀裂の原因になってきますので、「少し早すぎるのでは?」と思っても、汚れに気づいた時にメンテナンスを行なっておけば、結果的に長寿命の住まいにつながります。

水まわり

浴室ドアの細かい部分などは、水しぶきや石鹸カスなどによって腐食してきます。ガス機器にも不具合が出てくる時期でもありますので、気づいたことは後回しにせず、早めの点検、交換など、こまめに対処することを心がけましょう。

居室

居室の中で最も目につきやすいのは、壁・天井材の汚れや畳の黄ばみ汚れなどです。壁や天井は、部屋の中でも広い面積を有する部分なので、汚れが空間全体のイメージ・雰囲気大きく左右します。きれいな空間を保つためにも、壁や天井のメンテナンスは、こまめに行なっておく必要があります。

外観

普段から雨風にさらされている外観は、自然と汚れやはがれが多くなってきます。また、築5〜10年のタイミングは屋根瓦のズレや樋のゆがみ、はずれが出てくる時でもあり、そのまま放置しておくと、ひび割れや亀裂などにつながるので、少し早いと思っても事前にきちんとメンテナンスしておくことが大切です。

修繕ポイント

水まわり
小型給湯器などのガス機器/浴室ドア、木製敷居の腐食
居室
カーペットの汚れや減耗、畳の日焼け/天井や壁(クロス)の汚れやはがれ
外観
外壁の汚れやはがれ/ベランダ・バルコニーの塗装のはがれ/樋のゆがみ