あなたのリフォーム応援します。

築10〜15年:設備の取り替え時期

リフォームのミカタ > リフォームどきって? >  住まいで考えるリフォームどき > 築10〜15年:設備の取り替え時期

設備の取り替え時期

キッチン・トイレ・浴室などの水回り設備が、故障などを起こしはじめる時期で、特に浴室は最も湿度が高い空間であるため、傷みがひどくなってきます。一般的に浴室の設備機器の更新は15年に1回の割合で必要になると言われています。

水まわり

浴室設備の取り替えだけでなく、この機会に浴室全体のリフォームを行っておくことをおすすめします。特に在来工法の浴室の場合、後まわしにしておくと土台自体が腐食し、後の対応が面倒になることもあります。

居室

リビングやダイニングなど、使用頻度が高く、家族が集まる空間は傷みが目立ってきてしまう時期です。床には傷だけでなく凹凸ができる時期でもありますので、早めに修繕しておくようにしましょう。内装ドアやサッシなども結露などによって傷んでくる時期なので、気になる場合は取り替えておくとよいでしょう。

外観

築10〜15年が経過した屋根材は、見た目にあまり問題がなくてもできるだけ屋根の葺き替えを行っておいた方がよいでしょう。屋根材を選ぶ際は、断熱性・遮音性・防火性・耐久性などに優れたものを選ぶようにしましょう。

修繕ポイント

水まわり
浴室の床材(根太)の腐食や、破損、汚れ、がたつき/浴室の設備機器の故障
居室
襖・障子・アルミサッシなどの汚れや破損/木製床の汚れや腐食、はく離
外観
屋根材の破損やずれ/雨樋のサビ、ゆがみ、破損/外壁の亀裂