あなたのリフォーム応援します。

築15〜20年:住まいの改造時期

リフォームのミカタ > リフォームどきって? >  住まいで考えるリフォームどき > 築15〜20年:住まいの改造時期

住まいの改造時期

この時期になると、目に見えている部分だけはでなく、例えば躯体の土台まわりなど、目に見えない部分の腐食や破損がでてきます。土台まわりの腐朽は、水の侵食や湿気によるものと、シロアリや腐朽菌などの虫害によるものが主な原因です。 外壁のコーティング水切板や排水管からの水漏れ、コンクリート基礎の換気口がふさがれていないかなどを点検し、これらの原因を取り除くことが必要です。
またキッチンやトイレなどの水まわりも、設備や床、給排水管の破損など、気づきにくい場所に問題が表れてくる時期なので、大幅な改造が必要になる場合もあります。

水まわり

キッチン・トイレなどの水まわり全体の見直しを行うタイミングです。人の目につきやすい場所にあるキッチンは、設備の調子だけでなく、壁紙や収納の汚れなども目立ってきているはずです。また、見た目以上に気を付けたいのは、給排水管の破損です。もし破損している場合は、その水漏れが土台の腐朽につながるため、設備機器だけでなく全体の改造が必要になってきます。

居室

この時期、居室の中で最も損傷が激しくなるのは床材でしょう。傷や凸凹ができるだけではなく、床の根太がズレはじめてくると、床が軋んできます。

外観

外観は見た目にも全体的に老朽化してくる時期ですが、それ以上に土台まわり・床下の腐朽が表面化してきます。腐朽の進行状態によっては、土台の取り替えや柱の根継などが必要となります。
また、見た目の部分では金属箇所の錆びつきが目立ってきます。玄関ドアや引き戸など、金属部分の修繕だけでなく、高齢者対応を考慮したドアや引き戸に取り替えることも大切です。

修繕ポイント

水まわり
キッチンや浴室まわりの設備の故障、給排水管の破損、空間全体の老朽化
居室
床の根太のズレ/玄関ドアや引き戸の腐朽・破損
外観
屋根の破損・ズレ床下の腐朽/土台まわりの腐朽・シロアリ害

土台:防腐剤の塗布、注入(腐朽・食害が進行している場合は取り替え)
柱:根元部分に防腐剤の塗布、注入(腐朽・食害があれば根継)
床下:薬剤散布した土壌改良による防虫処理。防湿コンクリートや床下換気口による防湿処理。